男性の実印と女性の実印

実印イメージ

大は小をかねるという言葉がありますが日本の男子はサイズにこだわる性質があると良く言われます。
小さいよりは大きいほうが代わりになるという意味ですが最近はなんでも小型化され同時に軽量化されることで利用するかたが使いやすい工夫をされたものもたくさんあります。

【実印登録で印鑑をお探しの方はこちらから】
実印登録を急ぎで購入を考えている方は絶対必見!印鑑卸売市場は印鑑の専門店です。

そして世界一の高さと言われるスカイタワーが誕生し新たな日本のシンボルになりましたね。
大きさだけではなくその内容も特徴あるものを作ることで多くの人に注目される存在になるよう考える日本の習慣と言えます。
はんこのサイズもいろいろありますが用途によっては必要最低限の大きさが求められるものがあります。
実印をつくるときには印鑑登録のための規制は特別ありませんが各市町村の役所によってはある程度の規制があるところもあるようです。
銀行印にも特別な決まりはありません。

ですが実印などは特に企業の実印になりますが一枚の書類などに複数の企業で実印を押す場面があります。
そのときの印象をつけるため実印は大き目のはんこで登録するかたが多いです。
決して細いはんこでは実印として機能しないわけではありませんが大き目の実印にすることで重みのある重要なイメージを持てるのです。

男女の使い分けから男性は大きく女性は細めのはんこと違いをつけるところもありますが最近では女性も大きいはんこを作るかたが多くなっているようです。
あまり巨大とも言えるはんこは好ましくないですが実印にするのであれば大体このあたりのサイズという寸法もありますので確かな知識で作りましょう。

ページの先頭へ