はんこの素材として利用される黒水牛

黒水牛イメージ

わたし達は毎日食事をしなければ生きていけませんが食事の材料はすべて命からの恵みであり感謝の気持ちを忘れることはできません。
日本の主食はお米ですが農家のかたがたが丹誠込めて作ったことに感謝して食べようと昔から言われています。
お米を作るには八十八日かかることから米という漢字が作られました。
第一生産者である農家のかたが八十八日もかけて作ってくれたお米ですので茶碗に残った一粒でも残さないで食べてくださいね。

【銀行印もネット通販で購入】
銀行印は預貯金の出し入れや小切手など銀行へ登録する金銭関係に最も重要な印鑑なので、ご家庭に1つは必要です。

そのほかにも漁師さんが海からの恵みとして魚を取ってきてくれます。
そして酪農のかたがたが鶏肉や豚肉や牛肉を供給してくれます。
これ全て命であり機会では作れないものです。

日本の食生活も変わってきており肉を食することが多くなってきましたね。
安全性から食肉の規制も出来てきました。そして日本の食肉は世界中でも安全でおいしいと言われスーパーに買いにいっても和牛は輸入肉に比べ高く販売されています。
豚肉も地域によってはとても古くから多く主食とされており国民食として好まれてきました。
日本にはあまり居なくなりましたが水牛という牛が昔は多く存在しており食肉として利用されたり牛乳をとったりでき角からは素材をはんこへ加工できるように捨てるところがないと言われている牛です。

中国では家畜として古くから飼われていた歴史もあり水田の作業をするのに利用されていました。
水の周りを好む牛として水牛と呼ばれるようになりはんこの素材として利用されることから黒水牛と角を呼ぶようになったと言われています。

ページの先頭へ